オリンピック採用で大人気のボルダリング!

2020年東京オリンピックの正式種目に「スポーツクライミング」が採用されたこともあり、
『ボルダリング』上のジムが全国各地でどんどん増えています。
『ボルダリング』とは、ロッククライミングの一種で命綱などの安全確保の用具を使用せずに岩壁や人口の壁を登ります。
オリンピック競技として採用されているもののルールとしては
高さ5メートル以下の壁で、複数の課題(登るコース)をいかに少ないトライで
課題登ることができたかを競う種目になるようです。
手でつかんでいいホールド(手や足をかける岩)が決まっていて
決められたスタートホールドから始め、ゴールホールドを両手で触って安定した姿勢を取ると課題完登とみなされます。
ロープなどの安全器具等を装着しませんが、落下したときに衝撃を吸収するマットが敷かれています。
ホールドの色や数字通りに登らなければならないというルールがあります。
したがって初心者と上級者で触れるホールドの色やスタート位置を変えることで難易度が大きく変わります。
登り始める前にコース全体をよく見て、どんな進路をとるか考えながら進んで行く必要があります。
登っていく体力とコースを考える知力の両方が必要なスポーツです。
ジムに行くと課題の難易度が級別に段階的に設定されています。
例えば3級ならば、その級にあったコースがいくつも用意されています。
したがって、初心者でも、ある程度課題がクリアできるようになった人でも、
難易度の高い課題がクリアできる上級者でも、自分の達成レベルに合わせてそれぞれ目標を持つことができ、完登することで達成感を得ることができます。これが面白みにつながっていきます。
ダイエットにも効果があるということで、女性が始めるケースも増えています。
皆さんも一度体験してみてはいかがですか?ミュゼ 80円

オリンピック採用で大人気のボルダリング!