海の宝石・タカラガイを求めて海岸へ!打ち上げ貝拾い

 タカラガイという個々の貝が要ることをご存知でしょうか。
恐らくは全然耳にしたことがないという個人がおそらくでしょう。
巻き貝の仲間で、背中がドーム状に膨れていてお腹は扁平な特性、そして陶器のようななめらかな艶をまとった綺麗な貝だ。
背中の印象は個々によって異なり、その鮮やかなな色調、元来印象に熱烈なマニアが多いのです。
大昔から飾りタイプや貨幣として扱われており、「貝」のワードはタカラガイを図案に生まれた象形レポートだそうです。
 こういう貝は黒潮の人懐っこい海域を生息仕事場とやる結果、日本では主に太平洋に面した海岸で狙うことができます。
ただ、毎日いつでもというわけにはいかず、主に秋から春にかけての寒い時期に綺麗なときのものを狙うことができます。
そして太平洋身の回りといってもタカラガイの打ち昇るキーポイントに行かないと、どうにも見つけられません。
インターネットで調べていくのも良いですが、仮に時間があるなら海岸線をダラダラ散策してみるのも明るいかもしれません。
ほかと海水浴地点でも打ち上げられていたり行なう。誰にも見つかっていないポイントは何とも財宝の山野で、なんとなく童心に帰って仕舞うくらい魅力的です。
 少し前まで結構高め価値で取引されていた希少な個々のタカラガイも、最近では安価で支払えるようになりました。
でも、素足で探し当てたタカラガイのほうが何ダブルも値打があると思います。ひと度見つけたらその誘惑に感づくでしょう。
冬の海岸はそれほど関心がありませんが、お年月があれば正邪タカラガイ拾いにでかけてください。ミュゼ 360円

海の宝石・タカラガイを求めて海岸へ!打ち上げ貝拾い