「なんか」を使う気持ち、良く分かります。

先日の全米オープンで日本選手で初めて優勝という快挙を成し遂げた大坂なおみ選手。優勝したことでさらに注目を浴び、凱旋帰国した際には多くのファンが羽田空港に集まっていました。大坂選手は優勝の後には多くのインタビューに応じたり、帰国会見を見ていましたが言葉の始めに「なんか」をつけることが多いなと感じていました。実は私も「なんか」をつけることが癖でちょっと自分でも気になっていて意識して言わないようにしていたのです。落ち着いて話す時はつけていないのですが、ちょっと焦った時や話がまとまらないときに「なんか」を良く使っていることが多いのです。
大坂選手が帰国会見で「ファンの方に日本語で何か言いたいことは?」という質問が出ましたが、「なんか、いつも応援ありがとう」と言っていました。日本語を話す時のんびりとゆったりとした口調なので「なんか」をつけているのが可愛らしくて大坂選手はあのままでいて欲しいなと感じました。即日融資 キャッシング

「なんか」を使う気持ち、良く分かります。